ワインで世界を旅しよう

ワインと料理が好きなソムリエールのブログです🍷

フランス・ブルゴーニュの白ワイン / アリゴテ

こんにちは!

 

本格的に梅雨が始まってじめじめした日が続きますね☔️

 

今回はそんな日に飲みたい、アリゴテ種の白ワインです!

 

まずはアリゴテについて。

 

アリゴテ🍇

アリゴテは、フランス・ブルゴーニュ地方を中心に栽培されているブドウ品種です。

 

ブルゴーニュ地方ではほとんどの畑がピノ・ノワールシャルドネを造っていますが、畑の6%ほどはアリゴテの畑が占めています。

 

アリゴテからは白ワインや、スパークリングワインのクレマンドブルゴーニュにも使われます。

 

一般的にはフレッシュで柑橘系の酸を感じるすっきりとした味わいが特徴ですが、

 

上質なものはまろやかなコクとふくよかなアロマを備えた、長期熟成も可能なものもあります。

 

ちなみにですが、私が飲んだ中で驚いたのはポンソのアリゴテ。

 

モレ・サン・ドニのモンリュイザンという一級畑からとれるアリゴテを100%使っているのですが

 

私のイメージする、さっぱりとした味わいとは全く違う、

 

ふくよかな果実味とミネラルを備えた力強い味わいに驚かされました。

 

 

ワイン名 / 造り手

2016年 Bourgogue Aligote / Matrot

ムルソーを本拠地とする造り手です。フランス国内では星付きのレストランにオンリストされるほどの実力だそう。ブドウ本来のピュアな味わいを大切にしていて、新樽の比率は控えめにしています。

 

 

テイスティングコメント

色は、輝きのある淡いレモンイエロー。

 

ライムやレモン、ミネラルのキリッとした香り。

 

口に含むと白桃やトロピカルフルーツのような丸みのある甘みと

 

余韻にはグレープフルーツの酸味があり後味はすっきりとした印象です。

 

 

合わせた料理

○枝豆

事前にワインを調べたところ、樹齢の高いブドウを使っていて、他のアリゴテのワインよりも酸が穏やかとの情報があったので合わせてみました。

ベストペアリングというわけではなかったですが、枝豆✖️ワインもありかも。

f:id:momoko-wine:20200614104058j:image

 

 

○ネギチーズ焼き

 

塩胡椒したネギをじっくり焼いて料理酒(かワイン)で蒸して最後にチーズをふりかけてオーブンで焼きました。

すごく合うとかではなかったですが、
ネギがメインなので夜遅くに食べるのも罪悪感少なめなのでおすすめです✨
ネギの甘みとチーズのシンプルな旨味はすっきり白ワインや辛口のスパークリングと相性良さそうです♫

f:id:momoko-wine:20200614104112j:image

 

雪見だいふくれもんチーズケーキ風

 

今回合わせた中で一番合いました🍋

レモンの甘酸っぱいソースとワインのニュアンスがちかく、意外にもバニラの甘みがワインに厚みを与えてくれるようでした。。

これからの季節、スイーツにすっきり爽やかな白と楽しむのもありだなと感じました!

f:id:momoko-wine:20200614104125j:image

 

まとめ

普段はあまり選ぶことのないアリゴテのワインですが、他の品種とはまた違った魅力があることがわかりました😊

比較的手頃な価格で手に入る品種(一部のワインを除く)なので

暑い夏には一本常備していたいなと思います♫